脱毛サロン安い早いは常識 2022年おすすめ狙うべき理由とは?

脱毛サロン安い早いは常識 2022年おすすめ狙うべき理由とは?

脱毛サロン選びで悩む女性

 

今回参考にしたアンケートでは、答えてくれた女性の半数以上が最後まで脱毛に通うことができず途中解約しています。

 

サービスを提供する側の脱毛サロンにもいろいろな特徴があり、受ける側も人それぞれ事情があるので、

 

サービスを提供する側と提供される側のマッチングが最も大切なのですが

 

それを安易に安い料金など 目先の利益で選ぶから、後で後悔するようです。

 

ここでは、解約した人たちの理由から

 

脱毛サロンと自分自身のマッチングのポイントとは何かを具体例をあげながら探り

 

脱毛サロンに行く前に自分に合ったサロンをさがすという事に焦点を当てたいと思います。


脱毛サロンは約半数が挫折し中途解約する

脱毛サロンは約半数が挫折し中途解約する

脱毛サロンお客様満足度グラフ

ライフスタイルマーケティング協会

 

ライフスタイルマーケティング協会が女性2467人を対象に興味深いアンケートを実施しています。

 

様々なアンケートの結果がある中、信用できるデータをもとに、解約した人が後悔したポイントTOP10を挙げてみました。

 

上のグラフは脱毛サロンに関する満足度を示したものです。

 

(満足している)(やや満足している)を合わせると62.6%におよび、満足度はそれなりに高い事がうかがえます。

 

 

しかし、同協会調べでは答えてくれた女性のうち1291人、(52.3%)が最後まで脱毛に通うことができず途中解約しています。


脱毛サロン安い早いは今や常識

脱毛サロン安い早いは今や常識

脱毛サロンを選ぶ決め手 脱毛サロンにかけた費用

脱毛サロンを選ぶ決め手

脱毛サロンにかけた費用

 

2022年、女性が脱毛サロンを選ぶ際何を気にしているのか?

 

1位にあげられたのが料金で、2番目が通いやすさ、3番目がキャンペーンです。

 

1位と3位は共にお金に関わる項目ですが、この2つで53.5%と半数以上をしめます。

 

ただ、アンケートでは一番に選ぶ理由に上がる料金ですが、価格が安いからと言ってそれが脱毛サロンに対する満足度につながってはいないようです。

 

そこには安い料金だけでは説明のできない、通って気が付く後悔が見て取れます。

 

脱毛サロンは最終的には何らかの結果を出してくれますが、それは最後まで通う事で出せるものです。

 

安易に安いからと即決せず、自分に合った脱毛サロンをじっくり探し、最後まで続けるほうが、あなたにとって満足度の高い結果が得られるでしょう。


2022年おすすめの脱毛サロンは通いやすさで選ぶ

2022年おすすめの脱毛サロンは通いやすさで選ぶ

脱毛サロンを選ぶ決め手

脱毛サロンを解約した女性にリサーチすると、利便性の悪さが上がり、特に通いにくさを上げる方が多かったようです。

 

脱毛サロン選びでは、安い料金などに目が行きがちで、利便性や自分の状況とミスマッチする脱毛サロンを選ぶことで、後悔するユーザーが多いようです。

 

通いやすい脱毛サロンをさがすことが最後まで通うモチベーションを維持し、脱毛を成功させる一番のポイントで、最後まで通う事で、最終的には何らかの結果を出してくれます。

 

モチベーションを保ち最後まで施術を受けるために、通う環境を整える事が経済的、精神的、将来的に満足感が得られるようです。

 

では通いやすさとは具体的にどのような事なのでしょうか?解約した女性の意見をまとめました。

2022年おすすめの脱毛サロンは生活圏や通勤圏

2022年おすすめの脱毛サロンは生活圏や通勤圏

脱毛サロンは生活圏や通勤圏で選ぶ

おすすめの脱毛サロンは特別な機械やサービスを提供している所ではありません。

 

検討中の女性に重視していただきたいのは通いやすい自分の生活圏や通勤圏にあるサロンです。

 

例えば、職場と自宅の間に、いつも買い物をする、行きつけのスーパーがある感覚で脱毛サロンを選びます。

 

生活圏や通勤圏の範囲にない場合は、バスや電車で2駅以内で選ぶのが良いでしょう。

 

車が主体の地方都市周辺では、駐車無料のあるショッピングセンターや、地方都市の人が集まるアーケードなど商業施設で探すと良いと思います。

 

目安として、都市部であれば最寄の駅から半径500〜700m(徒歩や自転車で約10分以内)、地方であれば半径2km(自動車で約10分以内)がストレスを感じないで通える範囲だと思ってください。

2022年おすすめ脱毛サロンに予約の取りやすさは欠かせない

2022年おすすめ脱毛サロンに予約の取りやすさは欠かせない

2022年脱毛サロンは予約の取りやすさで選ぶ

大手脱毛サロンが予約の取りやすさの問題に実際にどのような対策をとっているのかを調べました。

脱毛ラボ
(S.S.CとSHRのダブル脱毛)

最新のマシン導入で施術時間が従来の約半分になった。(施術予約枠が空く)
最短2週間に1回通える。(予約待ちが少なくすむ)
夜22時まで営業している。(仕事終わりにも通える利便性)

KIREIMO
(IPLとSHRのダブル脱毛)

24時間Webで予約ができる(閉店時間でつながらないを解消)
どの店舗も駅チカにあって、21時まで営業している
店舗の行き来が自由(あいている店舗で施術が出来る)
全身脱毛のみ1人90分(予約枠にスキマができない)

脱毛専門店の銀座カラー

初回に6回分の予約が取れる(スケジュールが組みやすい)
顔を含めた全身脱毛が約60分(スキマ時間にいつでも行ける)

【ラココ】
(SHR脱毛)

 

10秒間で約1000本のハイスピード脱毛(予約枠に隙間ができない)
毎月1度〜2回の施術ができる(予約待ちが少なく卒業まで最短約6ヵ月)

 

STLASSH(ISGトリプルアタック脱毛)

SHR脱毛で2週間に一度通える
独自の予約管理により、2週間〜1ヶ月での予約が可能

ミュゼプラチナム
(S.S.C方式)

ミュゼ専用アプリで24時間予約可能(閉店時間でつながらないを解消)

恋肌
(THR脱毛)

24時間オンライン予約ができる(閉店時間でつながらないを解消)
THR脱毛は、IPL脱毛とSHR脱毛のメリットを掛け合わせたような仕組み
6回の脱毛が最短3か月で完了、8回パックでも最短8か月

項目名 ここに説明文を入力
初回に6回分の予約予約ができる銀座カラー

そんな方には銀座カラーのように初回に6回分の予約が出来る脱毛サロンもあります。

 

休みの希望や有休の取得の範囲で、予約する日を決めてまとめて予約します。

SHR方式の導入で回転率をアップして予約が取れないを解消

また、過去に予約が取れないことで評価が悪かったストラッシュは、独自の予約管理により改善しています。

 

これは、新しい脱毛技術であるSHR方式の導入により実現したものです。

 

答えは、ヘアサイクルに関係なく2週間から1ヶ月で施術が受けられます。

元祖メーカーの強み、SHR方式の導入で回転率をアップ

SHR方式を日本で広めたのは株式会社エストラボ、SHR方式の機械をルミクス脱毛と日本名をつけて製造販売を行っています。

 

株式会社エストラボは脱毛サロンの直営も行っていて、ラココ(LACOCO)の店舗名で全国展開しています。

 

キレイモは契約したその日に、サロンスタッフが初回の脱毛の予約を受ける方式が取られていますが、さらに、キレイモでは24時間Webで予約ができるよう配慮がされています。

もうひとつの光脱毛 THR脱毛 

恋肌は、もうひとつの光脱毛として登場したTHR脱毛を採用することにより、毛周期に関係なく施術ができるため、短期間で脱毛が完了する 新しいシステムを導入しています。

2022年脱毛サロンは痛たくない怖くない

2022年脱毛サロンは痛たくない怖くない

脱毛サロンの痛みの解説

このグラフでは7番目で小さく表示されていますが、つい最近までレーザー脱毛の痛みの問題はとても深刻なものでした。

 

それは脱毛業界に広く波及、浸透し、脱毛=痛いの構図が出来上がりユーザーに根づいてしまいました。

 

脱毛施術中の痛みはゴムではじかれたような痛みと表現されますが、それが1回なら我慢できるでしょう。

 

ですが、それが毛穴の数だけとなると話は違ってきます。

 

実際、痛みが元で脱毛を途中で断念した人は数知れません。

 

確かに医療脱毛では輪ゴムで弾かれたような痛みが連続して発生するので、問題になってかなりの時間が経過しています。

 

現在はレーザー脱毛も麻酔などの技術で対処法も確立しています。

 

今では痛みが極力少ない脱毛機を採用しているサロンも少なくありません。

 

痛みの原因は何なのか?提供する側はどうやって痛みの問題に対処しているのか、別のページにて解説していますのでご覧ください。

 

痛みを感じにくい脱毛方法をあつかうサロン(サイト内検索)

2022年は全身か部分かで脱毛サロンを選ぶ

2022年は全身か部分かで脱毛サロンを選ぶ

女性が選ぶ脱毛部位ランキングのグラフ

こちらのグラフは、女性が選ぶ脱毛部位ランキングです。

 

圧倒的に多いのが【脇】で1位、次に【全身脱毛】が2位になっています。

 

脇毛は女性が最も気にする部分で、全身の毛の中でも剛毛で濃く、汗がまとわりつき、細菌が繁殖しやすくなってしまい、臭いも気になる部位です。

 

ランキング2位は全身脱毛なのですが、脱毛サロンのほとんどが、全身脱毛を推奨しています。

 

全身脱毛+その後のメンテナンスが永久無料をうたっている脱毛サロンもあります。

 

毛深さは男性ホルモンが関係するため、個人差はありますが、女性は男性よりも全身の毛が濃ゆい人は少ない傾向にあります。

 

ですから、自分の状況に合わせて、脇だけや脇とVIO、もしくは汗や排泄物に関係する、不潔になりがちな脇とIOだけという選択肢もあります。

 

逆に、全身を綺麗にし、さらに永久にメンテナンスを受けて常にベストの状態にしたい方は金額より充実した中身に惹かれると思います。

 

カウンセリング当日に契約すると割引対象になる脱毛サロンもありますので、自分はどうしたいのかをハッキリしておくと迷わず便利です。

2022年予約が取りやすい脱毛サロンの選び方

2022年予約が取りやすい脱毛サロンの選び方

脱毛サロンの予約のとり辛さを表現

 

スケジュールが突然かみ合わなくなる場合はどうする?

ですが、体調不良などでスケジュールが突然かみ合わなくなる場合もありますので、脱毛サロンに事前に、そんな時に発生したキャンセル待ちを優先的に予約できるかどうかあらかじめ確認して、融通(ゆうずう)のきくサロンと契約することをおすすめします。

 

その他にもユーザーの都合を極力聞いてくれる脱毛サロンは多々ありますので、気になる脱毛サロンがあれば、自分の都合にどこまで合わせられるかを確認するのも良いと思います。

 

自社の規定や決まりを押し通す融通の利かないサロンは通いずらいサロンです。

 

何だかんだとお店の都合を優先する脱毛サロンは、お客様ファーストではないと思って間違いありません。

2022年脱毛サロンの選び方はここで料金が安いがきます

2022年脱毛サロンの選び方はここで料金が安いがきます(TOP10=NO5)

脱毛サロンを選ぶ決め手

ここで、初めて料金の話が出ましたが、女性達は料金が安いサロンを重視します。

 

当たり前ですよね!お金持ちでない限り懐は気になるものです。

 

ですが、そこは脱毛サロンを経営する側も理解していて、近年は価格破壊ともとれる安値合戦が続いていて価格も一般の女性でも受けやすい価格になっています。
先ほども上げましたが、各業界は価格に対して適切な適切な価格帯を提示しています。

 

適切な表示価格を具体的に言うと、費用対効果という一般市民には難しい問題ですね。

 

会社側としては、より良い効果を期待できる脱毛機械を導入するなら

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴
先頭へ戻る