ラココの脱毛器の仕組み なぜルミクスは早くて痛くないのか?

ラココ脱毛器の仕組みなぜルミクスは早くて痛くないのか?

ルミクスA9

全身脱毛なら【ラココ】

ラココ (LACOCO)やローランドビューティーラウンジで採用されている脱毛器は痛くないがセールスポイントなのですが、なぜ痛くないのか知りたくはないですか、本当は痛いんじゃないのと思いませんか?

 

なぜたびたび、この痛みがクローズアップされるのかと言いますと、医療脱毛やルミクス以外の方式の脱毛器では痛いと感じる方が多く施術を最後まで終わらせる前に退会してしまう方が多いからです。

 

なぜ医療脱毛などのルミクス以外の脱毛器はそんなに痛みを感じるのかと言うと、実はその仕組みにあります。

レーザー脱毛はなぜ痛いと感じてしまうのか?

レーザー脱毛はなぜ痛いと感じてしまうのか?

医療脱毛

医療脱毛は、毛根のメラニン色素に反応する光を当てると熱エネルギーに代わり、毛根に熱が伝わると毛に栄養が届かなくなりムダ毛が抜けていきます。

 

レーザー脱毛は、高熱の光で毛根に刺激を与えます(約200度の高温)

 

光が毛根のメラニン色素を刺激し、毛母細胞にダメージを与えて、毛の再生を抑えるというやり方です。

 

レーザー脱毛というのは毛根をレーザーの高熱で焼くようなものですので、痛みがあって当然の処理方法なんです。

 

痛みが無いのは処理が不完全なので、照射回数を重ねる度に出力を上げていきますので施術中は痛みが続きます。

 

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式はレーザーと原理は同じで出力を弱くしているだけです。

 

また、SSC方式は特殊な抑毛効果があるジェルで痛みを軽減しています。

 

ラココ (La coco)のルミクス脱毛機はSHR(スーパー・ヘアー・リムーバル)方式を採用しています。

 

ラココの脱毛の仕組みは毛包からバルジ領域まで、ムダ毛を再生する元になる個所に弱いエネルギーを広く蓄積することで刺激を与える蓄熱式脱毛方法です。バルジ領域に弱い光を照射することで、毛を作るために必要な細胞が作られにくくなり、徐々に毛が少なくなります。

 

SHR方式は真皮(神経が通っている部分)には熱が入りづらいので、痛みも感じにくく、ほんわか肌が暖かくなる程度です。

 

毛周期に関係なく利用できるのが大きな特徴で、2〜3週間に1回のペースで施術を受けることができ、比較的短いサイクルで脱毛施術できるのが好評です。

 

メラニン色素に作用するわけでは無いので、日焼け肌や色黒肌でも施術が出来ます。

 

また、従来は施術が難しかった白髪や金髪、産毛の毛根、ほくろの毛にも効果があり、お肌のターンオーバーを促す効果も期待できるとのことで、肌にも優しいのが特徴の次世代型の脱毛技術です。

ラココの脱毛器は仕組みがちがうので最短6か月で脱毛卒業できます

ラココの脱毛器は仕組みがちがうので最短6か月で脱毛卒業できます

卒業

通常のサロンでは2〜3ヶ月ごとの照射ですが、ルミクス脱毛は1ヶ月ごとに照射できるので、脱毛完了までの期間が圧倒的に短くハイスピード照射が出来るので、全身まるごと照射しても最短20分ですから手軽に気軽に通えます

ラココの公式ホームページのご案内

脱毛サロン【La coco(ラココ)】

 

ラココ公式ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓

 

【ラココ】